プラセンタ注射は美容と健康どちらにも効果あり!

「シミやシワが増えてきた!」
「ちゃんと寝ているのに疲れが取れない」
「頭が重いけど原因がわからない」

肌のトラブルや原因のわからない体調不良に悩まされている方は多いのではないでしょうか。

 

そんな悩みを一挙に解決してくれるのが「プラセンタ注射」です。
この記事では

  • プラセンタ注射が受けられる福岡のクリニックと費用
  • プラセンタ注射の効果と効果を上げる打ち方
  • プラセンタ注射の注意点

についてまとめてありますので参考にしてください。

 

福岡でプラセンタ注射が受けられるクリニック

湘南美容クリニック

院内はとても広く、プライバシーに配慮した九州最大級のクリニックです。
買い物の途中に立ち寄りやすい繁華街にあります。
駅からも近くて仕事帰りに通院するのにも便利です。
福岡県内には小倉院もあります。

 

プラセンタ注射(1回) 料金(税込)
1アンプル 1,210円
2アンプル 2,020円
3アンプル 2,830円

 

湘南美容クリニック 福岡院

【所在地】福岡市中央区渡辺通4-9-25
天神ロフトビル7階
【アクセス】天神南駅 徒歩3分
西鉄福岡駅南口すぐ
【診療時間】10〜19時

 

湘南美容クリニック 小倉院

【所在地】北九州市小倉北区室町1-1-1-50
リバーウォーク北九州5F 503S
【アクセス】小倉駅 徒歩10分
西小倉駅 徒歩6分
【診療時間】10〜19時

 

 

 

 

品川美容外科/品川スキンクリニック

福岡院は美容外科とスキンクリニックが併設されているので、整形手術とお肌のメンテナンス両方のケアができるクリニックです。
アフターケアや保障制度など安心して施術が受けられる環境が整っています。

 

プラセンタ

注射

1回

920円(税別)

 

品川美容外科 福岡院
品川スキンクリニック 福岡院

【所在地】福岡市中央区今泉1-20-2
天神MENTビル2F
【アクセス】福岡駅南口 徒歩約5分
天神南駅1番出口 徒歩約6分
【診療時間】10〜19時

 

 

 

 

聖心美容クリニック

プライバシーの配慮がされた院内では、他の患者さんと鉢合わせにならないように工夫されています。
パウダールームにはクリニックで取り扱っているドクターズコスメのテスターが用意されているので、気軽にお試しができますよ。

 

プラセンタ注射 料金(税込)
1回 3,240円
10回 28,080円

 

聖心美容クリニック 福岡院

【所在地】福岡市中央区大名1-1-38
サウスサイドテラス4F
【アクセス】天神駅 西12番A出口 徒歩約5分
【診療時間】10〜19時

 

 

 

福岡博多駅前通中央クリニック

治療後は診療時間にこだわらない24時間アフターフォローコールなど、アフターサービスに力を入れているクリニックです。

 

プラセンタ注射
(1アンプル)

料金(税別)
1回 1,500円
10回セット 13,500円

 

福岡博多駅前通中央クリニック

【所在地】福岡市博多区祇園町4-13
博多ゼネラルビル6階
【アクセス】博多駅 徒歩8分
祇園駅 徒歩3分
キャナルシティ博多 徒歩1分
【診療時間】10〜19時

 

 

 

ハルスクリニック

美肌とアンチエイジングに力を入れているクリニックです。
院内にはキッズルームが完備されているので、子ども連れでも安心して来院できます。

 

プラセンタ注射 料金(税込)
初回 1,700円
2回目以降 1,350円
10回目以降 1,150円

 

※2回目以降の料金の有効期限は前接種から6か月以内です。

ハルスクリニック

【所在地】福岡市中央区大名2-12-9
赤坂ソフィアビル7F
【アクセス】赤坂駅3番出口 徒歩1分
【診療時間】10〜19時

プラセンタ注射の効果

いまでは美容効果に注目が集まるプラセンタ。
本来は病気の治療に使われるものです。
健康効果もたくさんあり、不定愁訴と呼ばれる原因不明の体調不良を解消するのにも役立ちます。

 

プラセンタの効果

美容効果
  • 美白:メラニン色素の生成を抑える
  • 保湿:新陳代謝が促され、肌にハリや潤いを取り戻す
  • ターンオーバーの正常化
  • 抗炎症作用:ニキビなどを予防する
  • 抗酸化作用:シミ・シワなどを改善
  • 自律神経・ホルモンバランスを整える

 

プラセンタで改善が見込まれる症状
婦人科 更年期障害、生理痛、 PMS、乳汁分泌不全
アレルギー アトピー性皮膚炎、花粉症、喘息
内科 肝機能障害、胃炎、高血圧、糖尿病
精神科 うつ、不眠症、自律神経失調症
眼科 白内障、角膜炎
その他 肩こり、腰痛、冷え性、便秘

 

ここに挙げたものは一例で、それ以外にも様々な症状にもプラセンタで症状が改善された報告があります。

前立腺肥大や発毛効果もあり、プラセンタ注射は男性にもオススメです。

 

プラセンタの効果的な打ち方


プラセンタ注射を受ける間隔は効果が出やすいように、最初の2ヵ月間は週1〜2回くらい。
3ヵ月目以降は1〜2週間に1回くらいが目安です。

 

効果を持続させるには定期的に打ち続ける必要があり、一度打てば良いというものではありません。
注射を打つのを止めても突然体調が悪くなることはありませんが、少しずつ元の状態に戻っていきます。

 

プラセンタについて

プラセンタは胎児と母体を繋ぐ「胎盤」の事です。
胎児の成長に必要な栄養素が豊富に含まれる胎盤は、古くから漢方薬などとして珍重されてきました。

 

サプリの場合はブタやウマの胎盤が原料となっていますが、プラセンタ注射はヒトの胎盤を原料とした薬剤を使用します。

 

プラセンタの主な成分

脂肪燃焼促進、免疫力向上、酸化防止作用など(アミノ酸)
肌のハリ・小じわ・しみ防止など(ビタミン)
むくみ防止、貧血予防、骨粗しょう症予防など(ミネラル)
腸内環境の正常化、代謝促進など(酵素)
エネルギー生成、血糖値の正常化など(糖類)
遺伝子の修復など(核酸)
引用:聖心美容クリニック

 

日本でプラセンタ注射に使われる薬剤は国の認可を受けた2種類です。

  • メルスモン(更年期障害・乳汁分泌不全の治療薬)
  • ラエンネック(肝機能障害の治療薬)

料金はクリニックによって差はあるものの、約千円前後から二千円くらいでしょう。
特定の病気の治療であれば保険が適用されるので、もっと低価格で打つこともできます。

プラセンタ注射を受ける時はこんなことに気を付けて!

プラセンタ注射は病気の治療を目的として使われているものなので、安全性は高いのが特徴です。
しかし治療を受ける前に知っておきたい注意点がありますのでご紹介します。

 

プラセンタ注射は点滴・静脈注射はしてはいけない

「メルスモン」は皮下注射、「ラエンネック」は皮下または筋肉注射で投与することになっています。

点滴・静脈注射での投与には副作用でショック症状が起きる危険があるからです。

 

ところが点滴・静脈注射でプラセンタの投与をしているクリニックが少なからずあるのが現状です。
そのようなクリニックは効果が早く出るなどと謳っていることが多いです。

しかし点滴・静脈注射はプラセンタが早く体外に排出されるので、効果は低下します。

(株)日本生物製剤や日本胎盤医療研究会も点滴や静脈注射での投与の危険性を訴えています。
治療を受ける前にクリニックに問い合わせるなどして、投与方法を確認しておきましょう。

 

カクテル注射も危険!

クリニックの中にはプラセンタに美容成分を混ぜた「カクテル注射」をしているところがあります。

プラセンタそのものは安全性が高いのですが、他の成分を混ぜることで副作用などが発生する可能性があります。

そのためカクテル注射も認可されていない施術です。

 

副作用・アレルギーが出ることがある

  • 悪寒
  • 眩暈
  • 発疹
  • 発熱

このような副作用が出る方もいらっしゃいますが、通常1〜2日で自然に回復します。
ただし症状がひどい場合はすぐ医師に相談し、それ以上プラセンタ注射を受けるのは止めましょう。

 

献血ができなくなる

プラセンタは製造過程で何度も検査や滅菌処理をされています。
しかし感染症の危険が100%ないとは言えないという理由で献血ができないようになっています。

 

ただし自分が他の人から輸血してもらうのはOKです。